09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ご案内

2023.12.01 (Fri)

このブログは、僕の「人生でやりたい100のリスト」の一つ、

「100種類のバウムクーヘンを食べる」

を記録していきます。
スタートは、2013年11月16日からです(それまで食べたのは、リセット)。

100種類。毎月1種類でも100カ月、8年以上かかります。

体重は大丈夫でしょうか。
奥さんは許してくれるのでしょうか。
いつまで甘いものが好きなのでしょうか。

不安は募りますが、夢に向かってレッツゴー! (^ω^)ノ

★2017年9月更新、現在38種です! ★
#001 2013年11月16日 ラ・ファミーユの「マロンバウムクーヘン」
#002 2013年11月23日 マダムシンコの「チョコモンブランバウム」
#003 2013年12月08日 アンセノン ヌーボーの「堂島プレミアムバームクーヘン」
#004 2013年12月21日 ラ・ファミーユの「黄金バウムクーヘン」
#005 2013年12月31日 ねんりん家の「バームツリー」
#006 2014年 1月13日 ファミリーマートの「ファミマプレミアムバウム」
#007 2014年 2月13日 東京バウムクーヘンの「チョコレートバウムクーヘン」
#008 2014年 3月22日 東京ばな奈の「しっとりクーヘン」
#009 2014年 3月31日 ラ・ファミーユの「いちごチョココーティングバウムクーヘン」
#010 2014年 6月20日 ビアードパパの「バニラバームクーヘン」
#011 2014年 8月02日 ねんりん家の「マウントバーム しっかり芽」
#012 2014年 8月02日 ねんりん家の「ストレートバーム やわらか芽」
#013 2014年 8月02日 ねんりん家の「甘夏香るマウントバーム」
#014 2014年 8月24日 ボンサンクの「伊予ブリュレ」
#015 2014年10月26日 石屋製菓の「白いバウム つむぎTUMUGI」
#016 2014年11月09日 北海道錦豊琳の 「北のバウムクーヘン」
#017 2015年 1月11日 サントリーBOSSキャンペーンの「チョコレートバウムクーヘン」
#018 2015年 1月17日 博多 柳香の「プディングバームクーヘン」
#019 2015年 1月21日 サントリーBOSSキャンペーンの「抹茶バウムクーヘン」
#020 2015年 1月24日 サントリーBOSSキャンペーンの「バニラバウムクーヘン」
#021 2015年 1月25日 山崎パンの「スイートバームクーヘン チョコナッツ」
#022 2015年 2月17日 マダムシンコの「塩キャラメルバウム」
#023 2015年 2月22日 グラフミューラーの「プレミアムバームクーヘン」
#024 2015年 2月22日 グラフミューラーの「クリームチーズバームクーヘン」
#025 2015年 3月19日 クラブハリエの「バームクーヘン」
#026 2015年 7月12日 カールユーハイムの「バウムクーヘン」
#027 2015年 7月16日 柳月の「三方六」
#028 2015年10月13日 橘香堂の「倉敷バームクーヘン」
#029 2016年 2月 7日 KALDIの「カルディオリジナル バウムクーヘン」
#030 2016年 6月 6日 KALDIの「カルディオリジナル ココナッツバウムクーヘン」
#031 2016年 6月19日 カールユーハイムの「まるごとりんごのバウムクーヘン  ホーニッヒアッフェルバウム」
#032 2016年 7月 3日 TAMAGO FAMILY の「四万十米粉のバウム 」
#033 2016年 9月 1日 ラ・ファミーユの「瀬戸内レモンバウムクーヘン」
#034 2017年 1月14日 DAIKOKU JOURNYの「切り株バウムクーヘン」
#035 2017年 1月22日 ねんりん家の「もっちり芽」
#036 2017年 3月18日 神戸スイーツポートの「苺のバームクーヘン」
#037 2017年 6月 2日 ふくぎやの「ガジュマル」
#038 2017年 9月10日 Patisserie JOKER の「とろバウム」 !NEW!
スポンサーサイト

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

13:38  |  お知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

#038 2017年9月10日 Patisserie JOKER の「とろバウム」

2017.09.24 (Sun)

#038 2017年9月10日 Patisserie JOKER の「とろバウム」

【ショップホームページ】
Patisserie JOKER
とろバウムの紹介はこちら

娘をAAAのライブ(京セラドーム)に送り出したところ、
お土産に買ってきてくれたのが、こちら。
20170910箱.jpg
Patisserie JOKER の「とろバウム」。
色々なメディアで紹介されているようです。

20170910内箱.jpg
蓋を開けると、ウサギのシルエットが。
ムービングブックという手法を用いていて、仕掛けを使うと
ウサギがお辞儀する姿が浮かびます。
(とろバウムの商品紹介ページでも見られます。)
また、Patisserie JOKERの紹介があったりと、パッケージだけでも絵本のような佇まいです。

■アンボックス!
開封して見ると、ビニールパッケージにもウサギのロゴ。
20170910開封.jpg
ビニール包装にも拘っているバウムクーヘンに、ハズレなし。

■開封!
それを開けてみると、何だか不思議な風貌です。
20170910中身.jpg
どこがバウムクーヘン?
実は上面には半熟チーズスフレがかけられています。

■カット!
しっとり濃厚な断面。
20170910カット.jpg
実は「とろバウム」という言葉通り、 少し温めてやると、この断面からクリームが流れ出すのです。
ただ僕はしっとり系が好きなので、温めずにいただくことにしました。

■食べた!
口に含むと軽いチーズの風味、そしてしっとり濃厚なクリーム。
バウムクーヘンというよりも、まるでチーズケーキのような味わいです。
紅茶が良く合いそうな雰囲気。
通販もできるようですので、今度は温めて食べてみたいものですね。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

11:49  |  バウムクーヘン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

#037 2017年6月2日 ふくぎやの「ガジュマル」

2017.07.22 (Sat)

#037 2017年6月2日 ふくぎやの「ガジュマル」

【ショップホームページ】
http://fukugiya.com/

もう夏です。本日も30度超え。
バームクーヘンの旅は終わってしまったのかとお思いの皆様もいるかもしれません。
そんなことはない。
まだまだ旅は続きます。勇者ヨシヒコでいえば第4話くらい。
ホトケが調子に乗って適当なコトしか言わなくなる頃です。

さて、今回は沖縄の「ふくぎや」のバウムクーヘン。
20170602包装.jpg

黒糖がしっかり使われた、ハードタイプです。

なんとこのバームクーヘン、娘の修学旅行のお土産でした。グッジョブ。ありがとう!
20170602箱.jpg
沖縄らしさが満載ですね。
それでは早速、いただきます!

■アンボックス!
20170602アンボックス.jpg
爽やかな南国のリーフレット。
それに対し、日焼けした肌のように深い色合いバウムクーヘン。
濃いぞ!

■開封!
20170602開封.jpg
トレーは金色。それに照らされた、なお焦茶色のバウムクーヘン。
黒糖の香りが漂います。

それにしても、この側面。
20170602コーティング.jpg
無骨なまでに ハードなコーティング、沖縄からの旅でひび割れた肌。
それが一層、力強さを感じさせます。

■カット!
20170602カット2.jpg
「固い!」との妻の声。そう、ハードコーティングと黒糖は伊達じゃない。
そこらのバウムクーヘンが裸足で逃げ出しそうな強さが、このバウムクーヘンにはありました。
フォークで割ると、パラパラと崩れ落ちるシュガーコーティング。まるで鎧のようです。
生地もしっかり。
それでいて、口に含むと、黒糖のほろ苦さと甘味が広がります。これは美味い。
絶対に牛乳が合うタイプです。このバウムクーヘンを日常的に購入できるのは、ずるいなあ。
そんな感想すら抱く美味しさです。
同店には、他にも紅芋を使った「紅の木」、蜂蜜を使った「フクギ」もあるとのこと。
いつか食べてみたいものです。

それにしても、もっとバウムクーヘンが食べたいのですが、
あれですね、犬を飼うとどんどんお金が消えますね。まあその分癒しを多くもらってますが。
食べさすつもりはないけれど、犬用のバウムクーヘンってあるのかな。
犬猫産業の盛んな日本だから、どこかにありそうですね。


テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

14:47  |  バウムクーヘン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

#036 2017年3月18日 神戸スイーツポートの「苺のバームクーヘン」

2017.03.20 (Mon)

#036 2017年3月18日 神戸スイーツポートの「苺のバームクーヘン」

【ショップホームページ】
http://www.kobe-sweetsport.com/

春めいて来た今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
何だかんだと忙しい時期ですが、
バームクーヘンの神様が届けてくれました、神戸スイーツポートの「苺のバームクーヘン」。
おっさんがウキウキして開封するのが恥ずかしいパッケージです。

2017IMG_1148.jpg

■アンボックス!
2017IMG_1149.jpg
どんな形なのかなと不思議に思っていましたが、とりあえず円形でした。
しかし、乙女ゴコロをくすぐる装飾がいっぱいです。

■開封!
2017IMG_1152.jpg
ゴージャス!!
苺大好きな人なら「かくあるべし」と頷くようなデコレーション。
ちなみにサイドはこんな感じ。この滴り具合がたまりません。
2017IMG_1154.jpg

■カット!
2017IMG_1156.jpg
口に含むと、まずは苺の香り。
そして野イチゴ、ラズベリーかな、の甘酸っぱい味わいが広がります。
僕はコーヒーで食べてしまいましたが、これはミルクと一緒に食べるべきですね。
久しぶりのゴージャス系バームクーヘンに、大満足!
でも最近フィギュアの写真が無いなぁ。ココロにゆとりが無い、と反省。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

11:11  |  バウムクーヘン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

#035 2017年 1月22日 ねんりん家の「もっちり芽」

2017.02.18 (Sat)

#035 2017年 1月22日 ねんりん家の「もっちり芽」

【ショップホームページ】
ねんりん家http://www.nenrinya.jp/

我が家では定評のあるバウムクーヘン屋、「ねんりん家」。
残念ながら東京に行った時くらいしか買えないのですが、なんと娘が所用で東京へ。
お小遣いを上げたらお土産を買ってくれました。
「ねんりん家」の新作、「もっちり芽」。わかってるゥ(またまた死語っぽい)。

2017-01-22_16-28-30_804.jpg
ホームページを見ると、「ブッシュドバーム」。ブッシュドバームって何だ? 

良く分かりませんが、併せて記載されているキャッチコピーは
「バームクーヘンのふくらもち。
 お口の中のお正月。」
何だか彦摩呂の顔が浮かんできますが、気のせいでしょう。

■アンボックス!
2017-01-22_16-30-00_133.jpg
買って来てくれたのは、ホールではなく、カットしたもの。
ねんりん屋のバウムクーヘンはもこうした縦カットでも販売しています。
4人家族が食後に少し食べるというシチュエーションにぴったり。

■開封!
2017-01-22_16-32-33_851.jpg
溝に溜まったたっぷりの粉糖。まるで雪の林道のような趣です。

■カット!
2017-01-22_16-33-54_990.jpg
「立った! バウムクーヘンが立った!」
元ネタは「立った! クララが立った!」ですが、念のため確認したら、このセリフはハイジではなくペーターが言ったそうです。いずれにしてもハイジは家庭教師のCMでしか見ていませんが。

ところで、断面があまり美しくない。

これ、あまりに「もっちり」としているため、上手く切れなかったのです。
もち粉を使用した「もっちり芽」、その名に違わぬモチモチ度です。

■食べた!
もぉ想像通りのもちもちさ。
バウムクーヘンの味はしますが、むしろ何だろう、ああシフォンケーキだ。
ただ外側はねんりん屋らしく、しっかりシュガーコーティング。
そのコントラストが、やっぱり美味い! という感想です。

それにしても、久しぶりに1月に2種食べました。
「いやあバウムクーヘンって、ほんっとに良いですね。
それではまた。さようならー。」
(元ネタが分かる人は40代以降だな。)

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

12:22  |  バウムクーヘン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT