05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ご案内

2023.12.01 (Fri)

このブログは、僕の「人生でやりたい100のリスト」の一つ、

「100種類のバウムクーヘンを食べる」

を記録していきます。
スタートは、2013年11月16日からです(それまで食べたのは、リセット)。

100種類。毎月1種類でも100カ月、8年以上かかります。

体重は大丈夫でしょうか。
奥さんは許してくれるのでしょうか。
いつまで甘いものが好きなのでしょうか。

不安は募りますが、夢に向かってレッツゴー! (^ω^)ノ

★2017年3月更新、現在36種です! ★
#001 2013年11月16日 ラ・ファミーユの「マロンバウムクーヘン」
#002 2013年11月23日 マダムシンコの「チョコモンブランバウム」
#003 2013年12月08日 アンセノン ヌーボーの「堂島プレミアムバームクーヘン」
#004 2013年12月21日 ラ・ファミーユの「黄金バウムクーヘン」
#005 2013年12月31日 ねんりん家の「バームツリー」
#006 2014年 1月13日 ファミリーマートの「ファミマプレミアムバウム」
#007 2014年 2月13日 東京バウムクーヘンの「チョコレートバウムクーヘン」
#008 2014年 3月22日 東京ばな奈の「しっとりクーヘン」
#009 2014年 3月31日 ラ・ファミーユの「いちごチョココーティングバウムクーヘン」
#010 2014年 6月20日 ビアードパパの「バニラバームクーヘン」
#011 2014年 8月02日 ねんりん家の「マウントバーム しっかり芽」
#012 2014年 8月02日 ねんりん家の「ストレートバーム やわらか芽」
#013 2014年 8月02日 ねんりん家の「甘夏香るマウントバーム」
#014 2014年 8月24日 ボンサンクの「伊予ブリュレ」
#015 2014年10月26日 石屋製菓の「白いバウム つむぎTUMUGI」
#016 2014年11月09日 北海道錦豊琳の 「北のバウムクーヘン」
#017 2015年 1月11日 サントリーBOSSキャンペーンの「チョコレートバウムクーヘン」
#018 2015年 1月17日 博多 柳香の「プディングバームクーヘン」
#019 2015年 1月21日 サントリーBOSSキャンペーンの「抹茶バウムクーヘン」
#020 2015年 1月24日 サントリーBOSSキャンペーンの「バニラバウムクーヘン」
#021 2015年 1月25日 山崎パンの「スイートバームクーヘン チョコナッツ」
#022 2015年 2月17日 マダムシンコの「塩キャラメルバウム」
#023 2015年 2月22日 グラフミューラーの「プレミアムバームクーヘン」
#024 2015年 2月22日 グラフミューラーの「クリームチーズバームクーヘン」
#025 2015年 3月19日 クラブハリエの「バームクーヘン」
#026 2015年 7月12日 カールユーハイムの「バウムクーヘン」
#027 2015年 7月16日 柳月の「三方六」
#028 2015年10月13日 橘香堂の「倉敷バームクーヘン」
#029 2016年 2月 7日 KALDIの「カルディオリジナル バウムクーヘン」
#030 2016年 6月 6日 KALDIの「カルディオリジナル ココナッツバウムクーヘン」
#031 2016年 6月19日 カールユーハイムの「まるごとりんごのバウムクーヘン  ホーニッヒアッフェルバウム」
#032 2016年 7月 3日 TAMAGO FAMILY の「四万十米粉のバウム 」
#033 2016年 9月 1日 ラ・ファミーユの「瀬戸内レモンバウムクーヘン」
#034 2017年 1月14日 DAIKOKU JOURNYの「切り株バウムクーヘン」
#035 2017年 1月22日 ねんりん家の「もっちり芽」
#036 2017年 3月18日 神戸スイーツポートの「苺のバームクーヘン」
スポンサーサイト

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

13:38  |  お知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

#036 2017年3月18日 神戸スイーツポートの「苺のバームクーヘン」

2017.03.20 (Mon)

#036 2017年3月18日 神戸スイーツポートの「苺のバームクーヘン」

【ショップホームページ】
http://www.kobe-sweetsport.com/

春めいて来た今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
何だかんだと忙しい時期ですが、
バームクーヘンの神様が届けてくれました、神戸スイーツポートの「苺のバームクーヘン」。
おっさんがウキウキして開封するのが恥ずかしいパッケージです。

2017IMG_1148.jpg

■アンボックス!
2017IMG_1149.jpg
どんな形なのかなと不思議に思っていましたが、とりあえず円形でした。
しかし、乙女ゴコロをくすぐる装飾がいっぱいです。

■開封!
2017IMG_1152.jpg
ゴージャス!!
苺大好きな人なら「かくあるべし」と頷くようなデコレーション。
ちなみにサイドはこんな感じ。この滴り具合がたまりません。
2017IMG_1154.jpg

■カット!
2017IMG_1156.jpg
口に含むと、まずは苺の香り。
そして野イチゴ、ラズベリーかな、の甘酸っぱい味わいが広がります。
僕はコーヒーで食べてしまいましたが、これはミルクと一緒に食べるべきですね。
久しぶりのゴージャス系バームクーヘンに、大満足!
でも最近フィギュアの写真が無いなぁ。ココロにゆとりが無い、と反省。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

11:11  |  バウムクーヘン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

#035 2017年 1月22日 ねんりん家の「もっちり芽」

2017.02.18 (Sat)

#035 2017年 1月22日 ねんりん家の「もっちり芽」

【ショップホームページ】
ねんりん家http://www.nenrinya.jp/

我が家では定評のあるバウムクーヘン屋、「ねんりん家」。
残念ながら東京に行った時くらいしか買えないのですが、なんと娘が所用で東京へ。
お小遣いを上げたらお土産を買ってくれました。
「ねんりん家」の新作、「もっちり芽」。わかってるゥ(またまた死語っぽい)。

2017-01-22_16-28-30_804.jpg
ホームページを見ると、「ブッシュドバーム」。ブッシュドバームって何だ? 

良く分かりませんが、併せて記載されているキャッチコピーは
「バームクーヘンのふくらもち。
 お口の中のお正月。」
何だか彦摩呂の顔が浮かんできますが、気のせいでしょう。

■アンボックス!
2017-01-22_16-30-00_133.jpg
買って来てくれたのは、ホールではなく、カットしたもの。
ねんりん屋のバウムクーヘンはもこうした縦カットでも販売しています。
4人家族が食後に少し食べるというシチュエーションにぴったり。

■開封!
2017-01-22_16-32-33_851.jpg
溝に溜まったたっぷりの粉糖。まるで雪の林道のような趣です。

■カット!
2017-01-22_16-33-54_990.jpg
「立った! バウムクーヘンが立った!」
元ネタは「立った! クララが立った!」ですが、念のため確認したら、このセリフはハイジではなくペーターが言ったそうです。いずれにしてもハイジは家庭教師のCMでしか見ていませんが。

ところで、断面があまり美しくない。

これ、あまりに「もっちり」としているため、上手く切れなかったのです。
もち粉を使用した「もっちり芽」、その名に違わぬモチモチ度です。

■食べた!
もぉ想像通りのもちもちさ。
バウムクーヘンの味はしますが、むしろ何だろう、ああシフォンケーキだ。
ただ外側はねんりん屋らしく、しっかりシュガーコーティング。
そのコントラストが、やっぱり美味い! という感想です。

それにしても、久しぶりに1月に2種食べました。
「いやあバウムクーヘンって、ほんっとに良いですね。
それではまた。さようならー。」
(元ネタが分かる人は40代以降だな。)

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

12:22  |  バウムクーヘン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

#034 2017年1月14日 DAIKOKU JOURNYの「切り株バウムクーヘン」

2017.01.28 (Sat)

#034 2017年1月14日 DAIKOKU JOURNYの「切り株バウムクーヘン」

【ショップホームページ】
あみだ池大黒http://www.daikoku.ne.jp/


遅ればせながら、明けましておめでとうございます。
ややペースが落ちてきた感がありますが、それでもチャレンジは続きます。
新年最初は、妻と娘の大阪旅行(一泊)のお土産です。
息子と僕は留守番。なかなか食べられないCoCo壱番屋のカレーが美味かった夜の思い出。

さて、DAIKOKU JOURNYの「切り株バウムクーヘン」。
このDIAKOKUは、「あみだ池 大黒屋」の大黒。
「あみだ池 大黒屋」は粟おみしで有名。改めて思い起こせば、子どもの頃に貰った大阪土産は全部これだった気がする。

その大黒屋が展開する新たなスイーツブランドが、DAIKOKU JOURNY。
この「切り株バウムクーヘン」はそのラインナップ。でも、大黒屋の公式ホームページで見つけられないのは、なぜだろう?

それはともかく、外見。
2017-01-14_16-04-32_434.jpg
切り株アピール&強固な守りなのでしょうか、外箱はプラスチックケース。
中のバウムクーヘンが良く見えます。
外周のゴツゴツが非常に切り立っていて、楽しみです。
青い大黒さんのトレードマークがイカす(死語)。

■開封!
2017-01-14_16-05-47_660.jpg
開封すると、なかなかワイルドな風貌。
リングが不揃いである点、気泡がところどころ在る点も、手作り感抜群です。

■カット!
2017-01-14_16-07-15_214.jpg
写真では綺麗にしていますが、カットすると「ほろほろほろ…」と外周が崩れます。
すなわちそれほど、しっかり焼き上げられている。


■食べた!
甘さは控えめ、しっとり感よりもサックリ感。
焼き菓子のようなバウムクーヘンと言いますか、コーヒーにもお茶にも合う味わいです。
あれですね、TAMAGO FAMILY の「四万十米粉のバウム」(レビューはこちら)と同系列。
こういうバウムクーヘンも、たまには良いですね。

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

16:33  |  バウムクーヘン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

#033 2016年9月1日 ラ・ファミーユの「瀬戸内レモンバウムクーヘン」

2016.12.11 (Sun)

#033 2016年9月1日 ラ・ファミーユの「瀬戸内レモンバウムクーヘン」

【ショップホームページ】
http://www.la-famille.co.jp/corporate/

最近バウムクーヘン食べていないなあと思っていたら…

ああっ!! 「食べたこと」をすっかり忘れてた!!  何たる失態!!

もう食べてから2ヶ月以上過ぎてしまいました。
お馴染みラ・ファミーユの「瀬戸内レモンバウムクーヘン 」。夏季限定。
ごめんなさい。食べてみたい方は、また来年ッ!!

箱はちょっとかわいい丸っこいカタチ。
IMG_0819箱.jpg
「せとろん」の愛称が可愛いっすね。

■アンボックス!
開封すると、やや黄色みの強いバウムクーヘン。
それ以外は、正統派の佇まいです。
IMG_0823オープン.jpg

■開封!
黄金バウムと同様、バウムクーヘンらしいバウムクーヘンですね。
IMG_0829カット.jpg

■食べた!
IMG_0831食べた.jpg
正直なところ、「味、忘れたっ!!」
レモンの酸っぱさはなく、爽やかな香りという感じだったと思うのですが…。
あかーーーん。来年リベンジ!!
味が気になる人も、一緒に来年リベェェンジ!!

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

16:29  |  バウムクーヘン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。